膝(ひざ)痛対策完全版

膝(ひざ)痛対策完全版

まず水を抜く事は非常に膝に負担を掛けることだと知ってください。確かに抜くと一時楽になりますが水は膝の疾患を治す為の栄養液でクッションでもあるのです。最近良心的な病院では膝の水を抜く事を勧めません。

<対策法>

ではどうしたら良いのか?①にアイシング②にマッサージ。とにかくまずは徹底的に膝関節を冷やしてあげてください。 そうすれば2~3日でかなり楽になるはずです。アイシングとは患部を冷却させる事です。 膝の場合氷袋(ナイロン袋にたくさんの氷をいれてください、アイスノンは0度以下になるため不可)で30分を一日3~5回、 程度によっては一日中でも構いません(低温火傷注意)。痛みもなくなり腫れもひいてきたらサポーターで保温、 太ももの前の筋肉トレーニング(1~2kgのおもりを足首に巻いて膝を完全に伸ばしたまま10~30秒静止、これを何回か繰り返す)、 歩いて足腰の筋肉を鍛えること。

<専門家目安>

膝が痛くなって2日間アイシングしても痛みがとれない場合は自己判断せず専門家へ行く目安です。

<慢性膝痛>

慢性化してくると必ず変形が起こってきます。膝痛10年もすると正座ができなくなり、歩行も困難になります。しかし丁寧に膝関節のバランスをとって疲労、負担を減らしてあげると、歩く事は全く正常化します。

<誤解>

首を回す体操をすると余計首を痛め症状を悪化させます。その代わりに頭を前後左右にゆっくり曲げ首の筋肉を伸ばすストレッチをすると良いでしょう。

<治療の目安>

階段の昇り降りが痛くて困難になったら、治療が必要な時期だと思って来院してください


○藤井接骨院

大阪市淀川区東三国6-16-3
東三国駅2番で口から徒歩7分

営業時間
9:00~12:00 16:00~22:00
水・土曜午後、日曜、祝日定休

ご予約・お問い合わせはこちら

Tel06-6350-2707